シックハウス症候群について

・シックハウス症候群とは?

最近、住まいの気密性や断熱性が高まるにつれて、合板などの建材や壁紙などの
内装材・接着剤、その他から発生するホルムアルデヒドをはじめ、様々な揮発性
有機物質が室内に滞留し、空気を汚染することになりました。
それが原因となり、目の痛み・頭痛・吐き気・皮膚炎・咳その他の色々な症状が
あらわれるようになり、それらを「シックハウス症候群」と総称されるようになりました。
また、化学物質過敏症との関連も指摘され大きな社会問題になっています。

・室内空気汚染の可能性のある化学物質
住宅室内の空気を汚染する化学物質には多様なものが考えられますが、
一般的に使用される住宅建材・施工材から放散される可能性や健康への影響の可能性等が
考えられる物質として、主に下記のようなものがあります
化学物質 主な用途について
ホルムアルデヒド 合板・パーティクルボードなどに使われる接着剤の原料として  
また、壁紙、壁紙用接着剤の防腐剤としても利用されます。
トルエン・キシレン 接着剤や塗料の溶剤などで利用されます。
木材保存材(現場施工用) 木材の防腐・防虫、防カビを目的とした薬剤。
土台などの木材の処理や土壌の処理に利用されます。
防蟻剤 白蟻による建物などの被害を防ぐために用いられる薬剤。
土台などの木部の処理や土壌の処理に利用されます。
可塑剤 プラスチック(ポリ塩化ビニルなど)の材料に柔軟性を与えたり、
加工をしやすくする為に添加する薬剤。ビニルクロスや
合成樹脂系のフローリングなどに利用されます。

塗り壁材天然素材を使用していることが多いので
環境にやさしく、健康で快適な生活空間を作り出します。

メニュー
次のページへ